IRの重要性

新規上場からIRを考えなければなりません。

企業が、取り扱う商品をお客様に宣伝し購入して頂くことは当然ですが、さらに自社の株式も買って頂くための戦略が大切です。自社の株価の評価も、存立と発展の為の大切な要素と考えます。市場に信頼され自社株を購入して頂くためにはIRを効果的に行う必要があります。

———————————————————————–

株主・投資家不在のIRは企業価値を低下させます。

あなたの会社のIRは効果的ですか、下記のチェックリストで確認してください。

1、自社の株主構成を把握・数値化している。

2、自社にとって理想的な株主構成を考えている。

3、理想的株主構成の構築に取り組んでいる。

4、大株主上位10位を把握し、面会したことがある。

5、現在の株価に妥当性があるのかを検討している。

6、IR説明会を年2回は開催している。

7、マーケットの評価を調査している。

8、株価、出来高を日々チェックしている。

9、自社の株主候補となりうるターゲットを把握している。

10、証券アナリストが自社の財務内容を分析しているか。

11、自社の業務内容が連想できる株主優待制度である。

12、マスコミに対して決算発表以外でIR活動を行っている。

13、海外投資家からの問い合わせが月に3件はある。

14、IR部署は社長の直属である。

15、自社のIRサイトが分かりやすい配置になっている。

※Yesが5個以下はIRが効果的に行われていない。

※Yesが6から10個はIRが効果的に行われている。

※Yesが11から15個はIRが効果的に行われており、市場の評価も高い。

(出所:福田総合研究所