行政書士制度研究と普及

行政書士制度は、広く社会に正しく普及しているとは言い難いと考えます。行政書士制度に限らず弁護士制度をはじめ各法律専門職の業際は複雑で市民には理解できない場合が多々あると考えます。また、現在の法律専門職制度が現行で良いのかも疑問に思わざるにはいられません。資格制度は国民のために存在し、既得権や業界保護のためであってはならないと考えます。私たち全日本行政書士連絡会議は、国民のための法律専門職制度がどうあるべきかを根本から考えなおし研究し、現行の行政書士法等の法解釈を有権解釈に基づき正しく行い、誤解の無い正しい制度を研究普及するするために全日本行政書士連絡会議を設置致しました。特に特定行政書士制度の現行とあるべき姿を研究し普及したいと考えます。多くの賛同者の参加を求めます。
参加資格は、行政書士登録者のみならず法律専門職のあるべき姿を研究したい方及び興味のある方の参加も歓迎致します。


特定行政書士とは、行政書士法に定められ行政不服申立業務を取り扱うことのできる行政書士のことです。行政書士が手続きを行った申請行為に対する行政処分、行政行為に対して申請人に代理して行政不服申立てを行うことができます。本人申請や申請に基づかない行政処分については不服申立書類を作成することができます。行政書士が作成した書類に係わる申請に対する行政処分と本人申請に対する行政処分を分ける合理的理由はありませんが、法律専門職同士の職域争いの結果でこのような法制度になったのです。
本来、資格制度は職域争いではなく国民のためにどうあるべきかで法制度ができなければなりませんが残念なことです。しかし、従来行政書士は、行政不服申立事件について代理することはできずに書類作成のみの代書屋でした、しかし、法改正により行政不服申立事件の代理を受任できることなったことは国民にとって大きな勝利と言えると考えます。

特定行政書士は、行政不服審査法に基づく不服申立代理又は書類の作成を業として行います。当会議は、特定行政書士の教育及び情報交換並びに特定行政書士制度の普及に努めています。
————————————————————————————–
☆ニュース
29年8月 一般社団法人日本会計研究団体連合会が設立されます。
http://accounting-union.org/
————————————————————————————-

☆ニュース

※ 平成27年6月20日改正行政書士法(案)が参議院を通過し成立しました。特定行政書士に行政不服申立代理人資格が与えられます。それに伴い、行政不服審査法研究会が設立されました。
行政不服審査法、行政手続法、行政書士法の研究と行政不服申立ての無料相談を実施します。

共同研究を行っている研究会です。→
行政不服審査法研究会lik こちらをクリック


◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆
全日本行政書士連絡会議 
本部:(主たる事務所)
〒194-0022 東京都町田市森野二目27番17号学術事務センター分室
電話042-720-6666
事務局;(従たる事務所)
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-15-1 ノア道玄坂5F
office2※※gla.admin-law.or.jp(※※⇒@に変更してください)◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆

一般社団法人国際行政書士機構
外国人の日本ビジネスをサポート及びインド、ドイツ、中国等の邦人、邦人企業の国際ビジネスをサポートします。


法規会計研究部会
法規会計とは法規に基づく会計制度です。金商法会計、会社法会計等がそれに当たります。


※恐縮ですが、転写、転用等をお断りします。掲載事項の内容等の責任は負いません。